LPG車の導入について

LPG車の導入事例

→ LPG車の導入事例一覧

護国寺様 JPNタクシー

Q1,現在所有されているLPG車の車種・台数を教えてください。

JPNタクシー 1台です。平成29年(2017年)に発注し、平成30年(2018年)初めに納車されました。

護国寺全景.JPG   車両③.JPG

  護国寺 本堂               アジア商事 長尾様・下崎様 護国寺 伊澤様

 

Q2,LPG車を導入された経緯・きっかけについて教えてください。

以前はトヨタ自動車クラウンセダン6人乗り(LPG車)を使用していました。運転席がベンチシートで使い勝手が良く、LPガスのボンベ交換をして使いましたが、車両の入替にあたり、LPGのセダン車は生産終了になり、オリンピックに向け次世代型のJPNタクシー(LPG車)になるとの事で導入を決めました。

 

Q3実際に使用してみた感想はいかがですか?

先代住職の専用車として使っておりました。高齢の住職が乗降時、後部乗降口の広さと黄色い手摺が大変助かりました。また、後部座席は、車イスに乗ったまま乗車できる安心感もあります。天井が高く荷物も十分入れられ、住職が買った鉢植えの植木をそのまま後部座席の足元に載せて持ち帰ることもでき大変便利です。フラットな後部座席の足元など、車の作りに満足です。

現在は、現住職を週2回程自宅に送る際、東京、土浦間の往復に使用しています。LPガスと電気のハイブリッド車は、旧セダン車に比べパワーがあり、高速道路もスムーズに流れに乗って走行でき、前方の視野が広く運転は疲れません。

LPガスの充填にスタンドに行った時、タクシーの運転手さんがJPNタクシーを一般車として買えることに驚いていました。使用してみて、経済的にも一般車に普及が進まないのが不思議に思います。

 

Q3オートガススタンドについてはいかがですか?

近くに在りとても便利です。クラウンLPG車でも燃料代にお得感がありましたが、現在は倍以上、燃費が良く助かっております。

ただ、栃木県に行ったとき、LPガススタンドが都内と同様に24時間営業としているものと思っていて、ガスを入れられない事がありました。都内では充填に関するストレスはありません。

→ LPG車の導入事例一覧

↑ ページ上部へ