LPガススタンドについて

環境にやさしい

LPG車と環境について

  • LPG車は、元来CO2排出量が少なく、環境にやさしい車です。
  • 新しい環境適合車として平成25年8月2日、日産自動車㈱は、LPガスとガソリンの2種類の燃料で走ることができるLPGBi-FuelSystemのNV200UDタクシーを販売すると発表し、8月末より販売を開始しました。(Bi-Fuelとは、複数の燃料という意味。)
  • NV200は、2種類の燃料で走ることができるので、下の参考にあるように航続距離が長く、緊急時における燃料危機回避ができ、様々な環境下でも安心して使用できると車と言えます。
  • また、NV200は、LPガス運転では、ガソリン車より地球温暖化の原因となるCO2排出量を約10-15%削減できます。
  • LPG車は、ガソリンに比べ安価なLPガスで運転することで燃料コストを大幅に削減できます。

日産UDタクシーLPG車

nv.png

日産UDタクシーLPG車の航続距離(予測)

(参考) 日産UDタクシーLPG車の航続距離(予測)・・・日産自動車販売㈱東京支店

 
【燃料消費率・航続距離の目安】
  • 改造車両の為、国土交通省の届出データはありませんが、JC08モードで日産自動車での独自測定値をご参考迄、ご案内します。いわゆる、カタログデータに相当するものです。
■LPG運転時の燃料消費率=9.48km/ℓ 
   (JC08Hモード JATA認証試験データ)
〔参考〕Y31セドリック 10.0km/ℓ クラウンセダン  9.8km/ℓ 
 上記燃費により算出した、LPG燃料のみのでの想定航続可能距離は、約350kmとなります。
 尚、燃料消費率は、お客様の使用環境(気象・渋滞等)や、運転条件(発進・加速・エアコン使用・乗車人数等)、整備 状況に応じて異なります。

未だ、実燃費データ測定はしておりませんが、仮に、5.5 km/ℓと想定した場合下記の航続距離となります。

5.7km/ℓ × 39ℓ = 222km 
 
更に、ガソリン燃料を使用した場合は、下記、航続距離が加算されます。
 
6.5km/ℓ × 50ℓ = 325km 
 
 従って、LPG・ガソリン併用する事により、最大、約550kmの航続走行が可能となります。

↑ ページ上部へ